生命保険高度障害認定/住宅ローンの免除/成年後見制度

生命保険高度障害認定

生命保険には、多くの場合「高度障害特約」がつけられていることがあります。
契約している保険会社に確認をしてみましょう。 高度傷害と認められると、
死亡保険金受取、毎月の保険金支払免除ができます。 また介護特約、入院給付金、
一時金、年金など、気がつかない特約がついている場合もあ ります。
生命保険会社の担当窓口に相談しましょう。

 

住宅ローンの免除

住宅ローンの契約時に加入する団体信用生命保険には、
多くの場合「高度障害特約」がつけられています。
状況によってはこの特約が認定されて住宅ローンの支払いが免除になることがあります。
金融機関の担当窓口に相談しましょう。

 

成年後見制度

判断能力が十分でない人たちについて、権利を守る支援者(成年後見人等)を選任すること で、
本人の財産管理や契約等の支援、身上監護を行う制度です。
「法定後見制度」と、今は判断力がある人が将来に備える
「任意後見制度」のふたつがあります。
法定後見制度は、補助、補佐、後見の3つの類型があります。
利用するためには家庭裁判所 に申立てする必要があります。

 



注)ここに書かれていることは、都道府県、市区町村によって違います。
また、所得によって適用されないこともあります。
症状により申請できない場合もあります。
各地の行政で独自の支援、助成制度を設けているものもあります。
制度は度々改正されます。